父と娘

 大学生はもう春休み、短期留学する子もいれば、実家へ帰る子もいたり、バイト三昧の子もいるとか。
娘は19歳、微妙な年齢で、まだ未成年だから親の責任もあるけれども、見た目は大人。

私は高校卒業と同時に東京へ出てきたので、父と会うのは年に2回ほど。
東京に住んでいると、家があるのに一人暮らしをさせるのも経済的に厳しい。
そこで、高校生から大学生になる娘に対しての父親の心配。

直接は言わないものの

「何時に帰って来るんだ?」
「何処行ってるんだ?」
「誰と一緒なんだ?」等々

そこへ帰って来た娘、「ママ~〇〇ちゃん、遅くなるとお父さんから電話かかってくる~💦」

まだまだ上手が存在しました。

周りに聞くと、東京父たちの娘への不安は尽きない模様です。

今思うと、18で東京に出て、父に日常を見られることもなく、心配をかける事もなく過ごせて本当に良かったな~と
今更ながら思う毎日です。
中学生の頃、花火大会で遅くなった私を家の前で仁王立ちで待っていた父を思い出しました((笑)
c0124528_11365341.jpg


by yukinagamari | 2019-02-09 11:37 | 生活 | Comments(0)

47都道府県を巡った料理研究家行長万里(ゆきながまり)が、毎日の料理、美味しい物、お弁当をご紹介しています。美味しく安全で皆が幸せになる料理提案中


by yukinagamari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る