人気ブログランキング |

娘の涙


地方に住んでると、18歳で家を出ることが多いですが、東京に住んでいると大学に入っても、子どもたちと一緒に住む。
嬉しい反面、子どもから大人になっていく姿も目の当たりにしなければなりません。
高校は、レールをひかれた所を真っ直ぐ歩いたり、走ったりすれば良く、禁止されていることも多く、子どもにとってみれば窮屈である反面、親監視下の安全な場所。
大学に入ると、全国から色々な人が集まり、学ぶ選択肢も多く、遊びも、バイトも様々です。
親元離れて、羽を伸ばしてる子も居れば、熱心に勉強をしている子もいます。
私も島根から出てきて、東京は楽しいけれど誘惑も多いし、自分を持っていないと流される町だと思っていました。
娘は、中堅所の都立高校からのAO入試での進学、高校の時は留学してる子も少ないし、英語を喋ることが出来る子も少なかったのでなんとなく優位に立っている娘だったんでしょう。
でも娘の学力以上の大学へ進むことが出来ると、英語を話せる子は珍しくないし、留学してた子は沢山います。
そして、お洒落でかわいい子も沢山。
軽い気持ちで、あるオーディションを受けました。
書類に面接にと進んで行くと、全国からキラキラした子が集まっていて、将来に向けて進んでいる子や、IT企業で働きながら大学生をしてる子がいたり、自分のビジョンの無さにうんざりして帰ってきました。
そして息子は、将来なりたい職業のために、私が紹介した大学教授と会ってやる気になっている。
「情報が多すぎて、何をしたいのか、選ぶことが出来ない。」と涙ながらに訴えます。
私たちの時には無かった悩みです。
敏感な娘は、沢山の情報を抱え、途方にくれています。
まだ19歳、色々経験して、これから決めていけばいいと思いますが、焦りの日々。
この涙を無駄にせず、前向きに進んでいって欲しいと思います。
母は後ろ姿を見せ、美味しいご飯を作って応援します。
もう少し子育ては続きそうです。
c0124528_16145046.jpg
「くらし部門で応募」



人気ブログランキング
by yukinagamari | 2018-11-17 15:29 | 生活 | Comments(0)

47都道府県を巡った料理研究家行長万里(ゆきながまり)が、毎日の料理、美味しい物、お弁当をご紹介しています。美味しく安全で皆が幸せになる料理提案中


by yukinagamari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る